仕事が続かず苦労をしている人も多いことと思います。また、どうしたら仕事を続けられるようになるのかと悩みを抱えている人もいるでしょう。ここでは、仕事が長続きしない人の特徴について解説します。

1.仕事意識が希薄

まず、仕事意識が希薄な人は、仕事を転々とする人が多い傾向にあります。せっかく雇用してもらっても、学生時代からのアルバイト意識が残っている。アルバイト感覚で仕事をしている。こうした人は、仕事を辞めがちです。

どんな仕事でも慣れてくれば、案外そつなくこなせるものです。しかしだからといって、いつも平穏無事に進むかというとそうではありません。上司に叱られることもあれば、取引先やお得意様から不平不満を言われることもあるでしょう。こうしたときに、仕事意識が乏しい人だと、こうしたことに起因する辛さが勝ってしまい、辞職の道を選んでしまいます。

2.給料や待遇を優先させて仕事を選んでいる

これも案外多くみられる特徴の一つです。働きやすさや、自分に合っているかよりも、給与面や待遇面を重視して仕事選びをしている人も、会社を辞めやすいです。こちらの特徴は、説明するまでもなく、分かりやすいでしょう。

つまり、そもそも続けるのが困難な仕事、自分に適していない仕事ばかりを選んでいるから、仕事が続きません。確かに給料や待遇は、重視したい側面ではあります。しかし、どうしても仕事が続かずに困っているのなら、それ以上に、自分の能力が発揮できるか、自分には適正があるかも考慮して、仕事選びをするのがおすすめです。

適性が合っていないばかりに、仕事が続かないばかりか、能力を発揮できずに損をしてしまいます。こうなると、なおのこと、仕事は続きにくくなります。

3.人付き合いが苦手

人付き合いが苦手というのも、仕事が続きにくい人の特徴です。職場の同僚とのコミュニケーションが上手くできないと、それだけでストレスの種になりえます。業務上、相談できれば解決するような事柄でも、一人で抱えてしまいます。場合によっては、同僚とトラブルを起こしやすく、それが元で辞職を決意する人もいます。

人付き合いは、プライベートにかぎらず、仕事でも重要です。周囲の仲間と円滑にやり取りできるだけで、毎日の業務が楽しくなったり、やりやすくなったりします。また、人付き合いが不得手では、どの会社に勤めても同じ経験を繰り返すことでしょう。

自分の気持ちの持ちようや考え方一つで、他人との関係性は変化するものです。どの職場でもついて回ることなので、ぜひとも克服したい点です。