職場や仕事内容そのものに不満があったり、もっと収入を増やしたい等と思う時、自分の天職は何か?考えることがあります。けれども転職して、新しい職場に移るというのも不安があるものです。

それよりも慣れた今の職場に留まっていた方が良いのか、迷う人も多いでしょう。そのような時にどんなことを考えれば良いのかを挙げてみます。

1.迷う理由は何かを考える

転職が頭に浮かぶということは、何かしらの不満があるということです。それが何かを整理して考えることが大切です。例えば職場での人間関係に疲れているという場合、環境を変えることでそのようなストレスから解放されるのではと期待できるわけです。その一方で、職場が変わったとしても同じようなことでストレスを抱えないという保証はありません。それが転職を迷わせる理由となります。

実際に職場を変えたからといって、人間関係に悩まされないというわけではありません。むしろコミュニケーションをどのように取るのか、自分自身の在り方というものが大きく影響しているものです。このように転職に迷う原因が、どの程度の確率で解消されるのかを考えることが必要と言えます。

2.自分のキャリアにどう影響するのかを考える

転職することによって、自分のキャリアにプラスになるかどうかを考えることも大切です、ただ単に不満があるから職場を変えたいというのであれば、それが解消される可能性は決して高くはありません。

けれども転職することで、キャリアのステップアップにつながるのであれば検討する価値があります。例えば新たなスキルを身に付けることができるとか、あるいは人脈が広まるといったメリットがあるのであれば、多少のリスクがあっても転職するだけの価値はあるというわけです。

3.ストレスによって業務に支障が出ているか

不満を抱えるだけで転職するのはどうなのかと考える人も多いでしょう。けれども、ストレスを抱えることで業務に支障をきたすようであれば話は別です。あるいは精神的にもダメージを受けることになれば、その後の人生にも大きな影響が生じます。

このような場合には、損得勘定を抜きにして職場環境を変える必要があります。単に不満を持っているだけなのか、それとも精神的なダメージを受けているのか判断は難しいかもしれません。

必要があればメンタルクリニックに相談するなどにより、適切な判断をすることも必要となります。その上で転職が必要となれば、迷わずに転職先を探すことが大事です。